取引所・ウォレット

【仮想通貨は、取引所で売買して、ウォレットに保管する】bitcoinclub

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

投稿日:

 

仮想通貨についての基礎知識を得て「よし!自分も仮想通貨(投資)に参加しよう!」…となったら、次に行う手順は 取引所(ウォレット)に登録することが必要です。

そこで、仮想通貨の取引所とウォレットとの違いを簡単に説明しましょう。

 

 

取引所とウォレットの違いとは?

 

 

 

私たちが普段生活に必要で日常的に使っているものが「お金」ですが、日本での基軸通貨は日本円(JPY=Japan Yen)です。

こちらのお金は、法律でしっかりと「お金」と取り扱われているのですが 詳しく表現するなら「日本銀行券、または政府発行貨幣」となります。

ところで、日本ではビットコイン(BTC)の場合は「仮想通貨」と名目づけられていますから、厳密にいうと法律で定められたお金そのものではないわけです。

 

2017年4月に 仮想通貨法という法律ができましたが、それはあくまで「ビットコインなどの仮想通貨を お金と同様の価値の決済(支払い)手段として認めるよ」というだけの主旨の法律なので、仮想通貨はお金そのものではないと解釈されているのです。

そうなると、EdyやSUICAなどの電子マネーなども同じく仮想通貨という位置づけになるわけですが、こちらの場合は基軸通貨(円=JPY)をカードなどに「チャージ(補充)」することでお財布がわりに使うことができますから、すなわち【電子マネー】は資金決済法などの法律で お金と同じものと適用されています。

 

では、ビットコインの場合は何なのかというと、その正体は「法律とは何にも紐づいていない、市場の需要と供給の価値を表しただけのデジタルデータ」です。

 

これが結構ややこしいのですが、簡単にわかりやすく言えば ビットコインは仮想的な「金(Gold)」みたいな位置づけと思うといいでしょう。

ビットコインを設計したBTCの創設者「ナカモト・サトシ」氏の論文では、ビットコインはまるで金のように、人が求める有限価値の高いものとしてプログラミングされており、そのモデルは「金(きん)」のように、欲しがる(使いたい)人が増えれば その価値を自らで上げていく、

という仕組みを、ブロックチェーンという新しい技術を使って採用したプログラムになっています。

 

つまり、ブロックチェーンという仕組みでは「送受信記録(履歴)が、誰にでも見えるように公正に作られ」ています。

ということは、誰か(管理者や権限者)が意図的にデータの操作や改ざんをしたり、送ったデータで嘘がつけないように作られています。

 

 

ここに、お金とビットコインの大きな違いがあるのですが、お金は「政府や日本銀行」が集中管理していて、発行量の増減も、デフレやインフレ(物価が上がったり下がったり)の価格差など、使う人にとっては「お金の動く仕組みや内容の状態がわからなく」作られています。

だから、ものを買ったり売ったときの支払手段としては同じ機能であっても、お金(国で作られた法律)とビットコイン(ユーザー同士でのデータ)とは、まったく別なものとして取り扱いますよ、という意味になります。

 

そこまでわかった所で、ようやく「取引所」についての説明をします。

 

 

 

取引所は、ビットコイン(BTC)をお金で買ったり売ったりするところ

 

2017年4月以降から、仮想通貨は 政府(金融庁)から許可をもらった会社でないと売買ができない、と法律で決められました。

許可申請中の会社も含めて、2017年12月現在では すでに10数社ほどの取引所がありますが、

とりあえず 実績が十分にある有名どころとしての取引所は 以下の3社を押さえればだいたいの仮想通貨はクリアできます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

Zaif(ザイフ)

 

 

 

取引所= 仮想通貨を「お金(JPY)」で買ったり、売ったり、預けることができるところです。

そして、取引所では 売ったり買ったりした「お金」を、現実のお金として 私たちが普段使っている【銀行】に入出金する機能がついています。

もちろん「預ける」ところとしての機能も当たり前についています。

 

ただ、取引所を作る(アカウントを開設)ためには、本人と銀行とが確認できて、データでも紐づいている必要があるため 確かに申込本人であるというための、個人情報や身分証明書などのデータ送付が必要となっているんです。

これは、マネーロンダリング(隠し資金の移動)などの犯罪を防止するために定められた規約で、法律により 金融庁などからの行政指導で取引所に義務付けられた、必須の確認事項となっています。

 

まとめますと「仮想通貨=取引所=銀行」とのパイプラインをしっかりと基盤づけられているのが取引所の管轄だということになります。

なので、これまでにあった私たちの生活に一番近い存在としては【証券取引所】が一番イメージしやすいですね。

 

 

 

ウォレットは、仮想通貨を一時預かりしたり、送受信するだけの所

 

ここでウォレット」の定義を説明しますと あくまで「仮想通貨そのものをデータとして預かって、送受信するだけ」にとどまります。

なので お金との直接売買・交換や 銀行などへのお金としての入出金自体は、ウォレットではできないということです。

ウォレットはすでにもう 数え切れないほどたくさんの会社があり、お金としての入出金を行えないので 金融庁からの許可も必要ないことになっています。

 

しかし、ウォレットだけのアカウントでは審査もないことで 逆にハッキングやパスワード流出などのセキュリティ面について、どの程度強固なプログラム対策がそのウォレットになされているのかは未知数で、

ウォレットの場合は そこを「使う人の自己判断・自己責任」に委ねられるため、仮想通貨の取り扱いに ある程度慣れている人向けということができます。

 

従って、取引所そのものは 私企業の会社で運営されているので ある程度のセキュリティや保証(その取引所の定める範囲で)やサービスが受けられるというところが、仮想通貨の初心者さんにとっては安心できる材料になっているのではないでしょうか。

 

 

 

ビットコインを完全元手0でもらい続ける方法

世界最高レベルのセキュリティ「Bitflyer」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-取引所・ウォレット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

記事アーカイブ

カテゴリー