ビットコインの売買

【ビットコインはどうやって手に入れるの?ビットコインを買う方法】bitcoinclub

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

投稿日:2017年1月18日 更新日:

私たちが普段、お買い物や決済を行っている「電子マネー」

店頭や、駅などでお金(現金)をチャージして 残高をお財布のように補充することができます。

 

しかし、ビットコインを現金でチャージして買うには一体どうすればいいの?

というような疑問が湧いたのではないでしょうか。

 

実は、ビットコイン電子マネーとはまったく扱い方も利用方法も違うのです。

 

 

 

ビットコインを手に入れるには、まずインターネット環境と、それに繋がるスマホやPCなどの通信機器が必要です。

なぜなら仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)は、インターネットの中にしか存在しない決済手段だからです。

つまりインターネットに繋がる環境がない場合、ビットコインを購入することも売ることもできないというわけなのです。

 

 

ここでちょっと大事なことをおさらいしてみようと思うのですが、

ビットコインは本来「便利な決済手段」という意味を持つ通貨なわけですから、お金そのものではないわけです。

 

なので、ビットコインは電子マネーのようなチャージという手段で手に入れるのではなく、お金を使って「ネットなどで購入」する必要があるというわけなんですね。

 

 

例えば、アマゾンや楽天市場などのネットショッピングの決済をビットコインで行うという場合や、ビットコインが使えるお店で支払う代金に、

ビットコインの数が「○.○○○○○BTC」という感じで表示されるようになりますが

 

その場合、あなたのスマホに入っているビットコインのウォレットに、必要なだけの残高が残っていれば、その残高を使って決済ができる、という感じになります。

 

 

 

ビットコインを手に入れるためには、

取引所で「買う」か、

何かを売ったりして誰かから「もらう」か、または

「マイニング(採掘)で生み出す」かの3通りの方法があります。

 

 

一度に全部お話しても混乱すると思いますので、ここではビットコインを買う方法について、お伝えします。

 

 

 

ビットコインを手に入れる(買う)方法

 

お手持ちのスマホやPCに、まずはビットコインを売買することができる「取引所」のアプリをダウンロードして、その準備をする必要があります。

 

 

日本一簡単にビットコインの取引ができる

コインチェック(Coincheck)の使い方説明動画

コインチェック(CoinCheck)アプリのダウンロードはこちら

 

 

 

基本的な操作がすべて詰まった、充実の

ブロックチェーンの使い方説明動画

 

 

また、日本語で取扱できる取引所の一覧を表したサイトもありますので、参照にしてください。

【Bitcoin日本語情報サイト】

http://jpbitcoin.com/getting/exchanges

 

 

 

ビットコインは相場(時価)によって日々値動きしている

 

ふつう、日本で生活していると 昨日も今日も明日も「1円の価値は1円」ですよね?

しかし、為替相場の世界だと、たとえば今日「$1(1ドル)=117円」だったのが、明日になると「$1(1ドル)=119円」のように変動することがよくあります。

 

この「相場の値動き」が私たちにはとてもややこしく、高くなったり安くなったりで、毎日全然落ち着かない激しい変動を繰り返していることと思います。

 

中にはこれで

「先週、1ビット10万円だったはずなのに、今日は12万円になってる、高くなってるから買いたくないなあ…、もっと安くなってから買おう」

 

「あ、今日は9万円台になるまで値下がりしてる、これはしめた。もっともっと安くなりそうだから、8万円台になるまで買うのを待っておこう」

 

などと考えて、ずっと買えないままだという人も少なくないんじゃないでしょうか。

 

 

「政府がお金と同じだと言ってるわりに、こんなに毎日激しく値動きするんじゃビットコインよりも、やはりお金のほうがいいよ、昨日も今日も同じ1円は1円なんだから。」

 

なんて考えちゃうかも知れませんよね。

 

しかし、この激しい値動きは 実はとても「新通貨」としての大事な役割を担っているとも言えるのです。

その理由はビットコインの「価値=需要の高さ」が誰でも一目でわかるように作られている所です。

なにかの商品があったとして、それが欲しい人が多ければ、買う人はもちろんたくさん増えますよね。

それが起きることを「需要(じゅよう)が増える」と言って、経済活動ではとても大事な、目に見える目安となって数字で表されるわけです。

ふつうは、需要が急に増えると、できるだけ買いたい人みんなに届けようとして、売る側が「供給(きょうきゅう)」量を増やそうとします。

そうすることで、売る側(お店や企業)は需要が増えたぶん、供給を急に増やせば、予定より余計に儲かることになるからです。

でも、ビットコインの場合はそうはなっていません。

ビットコインを欲しがる人が、どんなに大量に買いたいと いっせいに急増したとしても、それに対しての供給は、あらかじめ決まった数だけ(毎日ほんのちょっとずつ)しか増やしていかないというルールを最初から決めているのです。

対して政府(日銀)は、経済対策などの難しい仕事を国民から任されているので、集権化された一部の責任者の判断によって 市場に出回るお金の量を調整するとても強い権利を与えられています。

たとえば今日、日本円を日銀が経済対策のために「すごく大量」に発行したとしても、私たちは経済ニュースをめちゃくちゃ細かい所までチェックしてない限り、そんなことが起きた事すら誰も知りませんから、

そうなると紙幣(お金)を「需要(欲しがる人の量)」に対して、あまりにもたくさんの量が供給されたことになり、その時点で紙幣の価値そのものが実は下がっていることになるわけですが、

私たちはそのお金そのものの今現在の実際の価値を、どうやっても知ることすらできません。

日銀や政府だけがそれをわかっていますが、私たちとしては、今日の1円の価値はやっぱりずっと明日も1円のままだ、と思い込むしかないわけですよね。

情報が何も与えられないので判断のしようがなく、一般の人はそう考えるしかありません。

だけど、もしこの日銀の行った紙幣(お金)の過剰供給が、モノとお金の「相場」で現実に数字で常に表されるとしたら、それに気づいた誰かが

「あれ?昨日は235円だったトイレットペーパー相場が、今日はなぜか突然320円に値上がりしている。これは日銀があまりにも大量に新札を刷りすぎたんじゃないか?」

市場の異変にも気づくことができるようになります。

政治に任せるのではなく、もう自分たちで考えて判断する時代

そうです。

今まで中央集権化されていた「お金とモノのしくみ」の【見える化】ができるようになったとも言い換えられます。

これまで一部の政治家や限られた投資家だけにしか渡らなかったはずの本当の仕組みの情報が、

ビットコインの相場を通じて誰でも勉強して 本当のことを知ることができるように、仮想通貨はその環境を整えてくれてた、と言い換えることができます。

私たちが普段 学校や勤めにいく場合、こういう経済の理屈などを知る機会も意味も、目的意識すらもまったくない(意味がない)わけですが、

実生活を通じて こういう理屈やしくみを一つ一つ理解していくしかなくなると、

「金」や「先物」「株価」といった経済の仕組みも、同じような需要と供給のバランスによって成り立っているんだということを、私たちは肌で感じて知り、理解していくことが可能になるわけです。

これからどんどん使う人が世界中で増え続けていくことがわかってるわけですから、

日々激しく値動きするビットコインの相場「新しい未来のための予習勉強」と考えて、少しずつでも生活の中に溶け込んでいけるように

はやく生活の中に慣れて行くことも、未来のためには大事なことなのかも知れませんね。

ビットコインを完全元手0でもらい続ける方法

世界最高レベルのセキュリティ「Bitflyer」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-ビットコインの売買
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

記事アーカイブ

カテゴリー